無職でキャッシングが利用できない理由

MENU

無職でキャッシングが利用できない理由

 

無職キャッシング

無職の人はキャッシングができないというのは誰でも知っていることだと思います。それではなぜ無職がキャッシングができないのか?と言うことをご存知ですか?
無職の人は当然収入がありません。
収入がないことがキャッシングができない大きな理由です。
専業主婦も無職のような状態なので、消費者金融ではまず借入ができません。

 

しかし旦那さんに安定した収入があれば、銀行でなら借入ができるようになっています。これは扶養に入っているからこそできることなのです。
無職の場合はそれがありませんので、銀行でも消費者金融でも借入ができません。
お金を貸すということはその後に返してもらわなければなりません。友人や身内の場合は無職でも貸してくれるかもしれませんが、金融機関となると話は変わります。

 

無職で安定した収入がないということは返済能力ないと判断されます。
誰だってお金を返す能力ない人に貸したくはありませんよね。金融機関側もそれは一緒で、返せる能力が認められない人に貸すわけにはいかないのです。
これが無職の人がキャッシングできない理由です。
消費者金融の場合は年収の三分の一までしか借入ができないという総量規制の問題もあって借入が不可能となっています。
無職の人が借りたいと思ったらまずははたらくことです。そうしないと日々の生活も安定しませんので、すぐに仕事を探して働きましょう。働き始めてお金に困ったら借入ができますので、その時に金融機関に申し込むと良いですよ。

 

>トップに戻る